電池交換不要はホント?ソーラー時計の特徴について解説

公開日:2023/11/15  最終更新日:2023/07/05

ソーラー時計

さまざまなメーカーが販売しているソーラー時計に興味を持っている人もいるでしょう。太陽光や照明の光をエネルギーに変えて稼働するので、頻繁な電池交換が不要になります。ただし、二次電池は永久に使用できないことや、水や湿気に注意しなければいけないことを知っておきましょう。

ソーラー時計とは

定期的に充電を心がけることで、正常に稼働する時計がソーラー時計です。

完全に止まってしまっても、ある程度の時間を充電に充てることで動くようになります。

太陽光や照明の光をエネルギーに変える

電池交換が不要な時計として有名なソーラー時計ですが、ワイシャツの袖のなかに時計が長時間隠れたままであれば、電池が止まってしまうときがあります。

太陽光や照明の光をエネルギーに変えるようになっているので、冬場のようにコートやワイシャツのなかに時計が長時間入ったままであれば、そのようなハプニングが発生することを想定しておきましょう。

最近では、日付や時間も誤差なく照準してくれる商品も販売されていますが、使用するときには時計の針が止まってしまわないように注意しましょう。

窓際で充電することを心がける

月に一度、窓際で充電するとよいでしょう。

普段着用していない時計であれば、なおさら取り組むとよいでしょう。天気がよい日を選定してください。

完全に止まってしまったときの充電時間の目安

照明よりも太陽光で充電するとよいでしょう。

たとえば、1日中時計が動くようにしたいときは、太陽光であればおよそ4分、照明であれば4時間を要します。

また、時計が停止してから通常に動き出すようになるまで、太陽光であればおよそ40分、照明であれば14時間を要します。

さらに、時計が停止してから充電が完了するまで、太陽光であればおよそ30時間、照明であれば970時間を要します。天気のよい日は屋外で充電すると効率的でしょう。また、こまめに時計を装着して屋外で活動するように心がけてください。

ソーラー時計のメリット

メリットを2つ紹介します。定期的に電池交換が必要ではないので煩わしさが軽減します。自分好みの商品を選択しましょう。

電池交換がほとんど不要

一般的な腕時計であれば、およそ2年で電池交換が必要になります。

自分で取り組めますが、繊細な作業が求められるので、ホームセンター、時計専門店、メーカーなどに電池交換を依頼することになるでしょう。

ホームセンターは安価なので気軽にサービスを利用できますが、スタッフの技術力に不安があります。

そのため、傷が付いてしまうことや、故障してしまうことも考えておかなければいけません。

メーカーは信用度が高いですが、電池交換の期間が長くて価格が高いのがデメリットです。すぐに時計を使用したい人は、中価格帯の時計専門店のサービスを利用しましょう。

このように、一般的な腕時計では自分で業者を選定する必要があります。

しかし、ソーラー時計は、時計が動かなくなることや時間が遅れることを頭に入れておく必要がほとんど無いので、不安材料が少なくなるでしょう。ただし、説明書に記載されているように丁寧に取り扱うことが前提となります。

さまざまなメーカーが販売している

時計を好んで装着している人は、自分のお気に入りのメーカーがあるでしょう。

最近では、さまざまなメーカーがソーラー時計を販売しているので、新しいモデルの商品を購入したいと考える人もいるでしょう。選択肢が多くあるので、商品を選択するときも楽しめます。

ソーラー時計のデメリットや故障しやすいポイント

二次電池は永久に使用できるものではありません。

そのため、異変を感じたときは修理を依頼しましょう。また、清潔な環境で丁寧に扱うようにしてください。

日照時間が少ない季節は注意が必要

照明の光でも充電できますが、太陽光であれば効率的に充電できます。日照時間が短い秋と冬は、意識して太陽光に当てるようにしましょう。

また、寒い季節は時計が衣服のなかに入っているときがあります。

このような状況であれば、時計を装着しているものの、太陽光に当たっていないというようになるので、こまめに袖から時計を露出させましょう。

二次電池は永久に使用できない

長期間使用していると、時計に内蔵されている二次電池が消耗してしまいます。

こちらは永久に使用できないようになっているので、太陽光に当てていても時計が動かなくなるときがあります。このようなときは、修理を依頼するようにします。

水や湿気に注意する

使用して5年以内に二次電池が使用できなくなることは滅多にありません。時計が動かなくなる原因は水や湿気の場合があります。

機械部品が錆びて壊れてしまうことがあるからです。そのため、汚れの詰まりやオイル切れにならないように、清潔な環境で使用しましょう。

まとめ

およそ2年ごとに時計の電池交換をする必要が無いので、長い期間メンテナンスについて考える必要がありません。ソーラー時計は、太陽光や照明の光をエネルギーに変えるので、こまめに時計を装着していれば問題ないでしょう。日照時間が短くなる季節は注意してください。ただし、丁寧に取り扱うことが前提となっているので、故障を招くような行動は慎みましょう。

【大阪府】おすすめの時計修理店5選

商品画像
商品名株式会社光陽大阪中央時計修理センターCIEN(シエン)五十君商店WATCH COMPANY(ウォッチカンパニー)
特徴高級時計の修理に対応!豊富な実績と技術力で丁寧なサービスを徹底9名の優秀な有資格者が修理サービスを担当!オリジナル革ベルト制作も実施豊富な実績をもつ技術者たちが修理を担当!アフターサポートも充実創業から90年の技術と経験を時計修理に発揮!すばやい部品調達も可能新品のような輝きを取り戻す時計修理を実現!繊細な仕上げを徹底
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索